前へ
次へ

苦手意識が生じないよう工夫して教育する

何かを学ぶのは、色々なハードルがあります。
学んでいると、とても難しいと感じてしまう事もたまにあります。
小学生は、算数が苦手だと感じている事も多いです。
算数で学ぶ内容は、必ずしも簡単ではありません。
文章問題などを解いていると、非常に難しく感じられることがあります。
それは、教育のテーマの1つでもあります。
何かを教える時には、相手に「難しい」と思われるのを防ぐのが望ましいです。
一旦子供が算数が難しいと思ってしまいますと、算数を学ぶ意識が薄れてしまいかねません。
子供が算数から離れてしまえば、さらに苦手意識が強まってしまう事も多いです。
しかし、それもやり方次第です。
子供が苦手意識を感じるのを避けられれば、むしろ子供の成績が伸びてくれる事もあります。
算数を理解するのは難しくないと思い、自発的に学ぶ姿勢が生まれてくれれば、子供の成績を伸ばすハードルも下がります。
ですから教鞭を取っている方々は、子供が苦手意識を抱かないよう工夫している事もあります。

Page Top