前へ
次へ

万が一のトラブルを防ぐための教育

身の回りにある物は、適切に使用する必要があります。
使い方を間違ってしまいますと、負傷してしまう可能性もあるからです。
例えば電化製品です。
その製品を動かす為には、電力を使わなければなりません。
ですが電力にはリスクがあって、一歩間違えば感電してしまう事があります。
適切に電化製品を使わない事には、トラブルが発生してしまう可能性もあるので、注意が必要です。
しかし教育をしっかり行っておけば、そのトラブルを回避する事ができます。
両親は、子供に対して電化製品の使い方を教育している事があります。
子供が間違った使い方をしてしまいますと、万が一の感電があり得るからです。
しっかり子供が使い方を習得してくれれば、万が一の事態を回避する事はできます。
ですから教育を行うのは、大いに意味があります。
何も電化製品だけではありません。
仕事で何か危険な道具を使う時にも、適切な使用方法は教育しておくのが望ましいです。
教育には、「危険防止」の目的がある訳です。

Page Top